メリットとデメリット

「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という兵法の格言がありますが、デリバリーヘルスなどの風俗の仕事を始めるにあたっても、業界の内情を知り、自身の適性やニーズ、希望条件に照らし合わせて、適切な判断を行なうことが大切です。デリヘルなどの風俗店で働く場合には、そのメリット・デメリットを前もって理解しておけば、甘い幻想にとらわれたり、偏見や差別意識を持ったりして、判断を誤るリスクを減らすことができます。

デリヘルに限った話ではありませんが、風俗の仕事には、一般の職業と比較して、高い収入が用意されています。そうした風俗業界の中でも、デリヘルなどの無店舗型風俗店では、勤務時間の選択肢が多く、自由度の高いスタイルで働くことができるというアドバンテージがあります。ファッションヘルスなどの店舗型風俗店とは異なり、風営法による営業時間の制限を受けないために、そのようなメリットが得られるという訳です。

ただし、そのような特徴があっても、もともと、該当する時間帯に働くことが不可能な場合、メリットとして活かすことはできません。したがって、自分が勤務できる時間帯や希望する収入の金額を考慮に入れた上で、適切な判断をすることが大切です。